前回、ビジネスメールのルールに関して書きましたが、
そのような内側のこと以前に大事なのが、
メールの顔であるタイトル【件名】です。han0023-002_m

まず、件名がわかりにくいと通常我々はそのメール自体を見落とします。まさか、と思いますか?

ご自分のメールボックスをちょっと眺めてみてください。登録されている名前ならともかく、個人メールなのかメルマガなのかわからないようなものがたくさん溜まっていませんか?

近頃のメールマガジンは、読んでもらわんがために個人メールのように装ったりして、知り合いかなと思って開くと営業だったということはしょっちゅうです。

ポイントは、ひと目で相手に用件が伝わるタイトルをつけることです。
例えば【はあとworkers 打ち合わせの日程について】などと、差出人も用件も一目瞭然を心がけます。逆に先方から来たメールには、できるだけそのタイトルを残したまま「Re」で返信します。ただし、相手の名前が入っている場合は呼び捨てにならないように敬称を加えるなど注意します。

迷惑メールと思われ、さっさとゴミ箱に入れられない工夫もビジネスマナーですね。
読んでもらえる一手間を惜しまないように、そこからビジネスチャンスも広がるかも!!