前回の記事で料金表の重要性を書きましたが、【はあとworkers】の場合はお店のメニューと違って、直接打合せをした時に話し合いで料金を決めることがあります。
というのも、料金表通りでは作業内容に見合わないことになってしまうことがあるからです。

j0178553
具体的に言うと、チラシ一枚の依頼で、それが1万円だとしても、その中にキャラクターデザインが含まれたりロゴマークが含まれたりしていたら当然オプション料金がかさんでいきます。さらに印刷代込みなのかオリジナルデータのみなのか、あれこれ条件が違えば見積もり価格も変わってきます。

やってみたい案件なのに提示された金額が作業時間に見合わない、と判断した場合、それなら断ってしまうのかどうかは大きな問題です。赤字になってまでやることは、プロの仕事としてはNGです。だから、その金額でできる範囲を提示する、ということも考えてみましょう。要求の全部、例えば写真を使うのは無理でも無料素材なら入れられる、有料フォントは使えないが標準のフォントで代用する等、節約術も提案してみることです。

そしてなおかつ、断ることも必要です。断る勇気は難しいものですが、オファーを惜しむだけではボランティアになりかねません。見切りをつけたら、理由をはっきりと伝えること、それによって相手が予算を見直してくれることもあります。

いずれにしても、きちんと自分の技術を査定することが肝心です。ベースアップもできるように日々ウデを磨いていきましょう!